住宅の売買は、専門家を通した取引がおすすめです!

新築の戸建や中古戸建やマンションを購入する際、必ずと言っていいほど仲介業者が間に入ることになります。
直接売買(売主から仲介なしで直接購入すること)ができる場合もありますが、一般にインターネット等に掲載されている物件は仲介業者が間に入っています。

JIコンサルティングの仲介

JIコンサルティグも不動産の仲介業者です。
ほとんどの人にとって不動産購入は人生で一番高額な買い物です。
決して間違いがあってはなりません。
そこで、仲介業者になんでもかんでも尋ねるべきです。
もちろん住宅ローンについても失敗があってはならないので、仲介業者に相談すべきです。
ただし、仲介業者によっては住宅ローンについてはまじめに接してくれません。
あるいは高額の斡旋(あっせん)料を請求されたりします。

所有している不動産を売却する場合、買取業者に売るよりも一般の消費者(エンドユーザー)に売却する方が一般的に有利です。
時間にゆとりのある場合は特にそうです。
その場合、仲介業者に媒介を依頼することをお勧めします。
弊社では仲介業者として不動産流通機構(レインズ)に登録したり、アットホームなどのポータルサイトおよび自社ホームページ、Facebook、LINE、およびチラシ・パンフレット等を用い、販売活動を行います。

不動産取引には落とし穴がいっぱいあります。
特に税金のことではないでしょうか。
JIコンサルティグはコンサルティグに特化した不動産会社であり、顧問税理士にいつでも相談する事が出来ます。
安全な取引のためには専門家を通して売買をすることをお勧めします。

家を買いたい

家を売りたい

支払でお困りの方

  • 会社概要
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • ローンシミュレーション

スタッフブログ

業務案内

  • 仲介
  • 再販
  • 競売
  • 任意売却
  • 注文住宅
  • Instagram
  • Facebook
  • Line
  • Twitter

01209630710120963071